ダニは知っているけど、顔ダニっていう言葉を初めて聞いてビックリました!

顔にダニがいるの?

 

どうやら顔ダニというのはカーペットとかにいるダニとはまったく別物らしく、人の皮膚に寄生するダニの事みたいです!

 

顔ダニとは別名ニキビダニというらしく、大きさは約0.1~0.4mm位で肉眼で見る事は出来ないそうです10日~2週間ほどで卵から成虫になり、寿命は3か月角質層に卵を産み付け、3回ほど脱皮を繰り返して成虫になるみたいです

この顔ダニは毛穴の中の脂肪性の分泌物をエサとしているらしく、人間の顔や頭などの皮脂分泌が活発な部分の皮膚に生息しているそうです

 

そして顔ダニは夜行性で、人間が眠っている間に皮脂腺や毛根部分から出てきて活動し、そして皮膚表面で死骸になったり、排泄物で肌が汚染されるそうです…

 

ニキビの膿みの中身を調べると、汚れた皮脂の中にいるのはニキビの原因菌であるんです。アクネ菌がほとんどを占めているんだけど、それだけではなく真菌(カビの一種)であるマラセチア菌も存在し、その中にはニキビダニも含まれているそうです

 

こんな話を聞くと顔ダニを顔から撲滅したいと思ってしまうけど、実は顔から顔ダニがいなくなってしまうと、顔の防衛力が損なわれてしまうみたいです

 

なぜかというと、顔ダニは人間の皮脂を餌として食べて皮脂の分泌量をコントロールし、そして肌を弱酸性状態に保ってくれるという働きがあるらしいんです!

 

つまり顔ダニが増えすぎるようにする事が重要みたいなのです!

普通に洗顔料で丁寧に洗っても、毛穴の奥に顔ダニが潜んでいるので全体の20~30パーセント位しか、顔ダニは洗い流せないそうです

 

しかもストレスなどで免疫力が低下した場合なんかで極端に皮脂が多い状態のままでいると、顔ダニが大量発生してしまい、バランスが崩れて肌荒れを起こす事もあると言います

 

だから洗顔はやはり重要ですね!アメリカでは油濃いものや肉料理が多いので、それもダニの大量発生の原因になるかもしれないですね。要注意です!!

 

img_3389.jpg

 | Posted by | Categories: 美容 |

昔私が子供のころは、「ムー」という雑誌があって、当時の子供はUFOとかSFが好きだったような気がします。

そんな時代に信じられていた終末論。
私が子供のころは「1999年に人類が滅亡する」というノストラダムスの大予言が、話題になっていたので、2000年は来ないと信じられていたことを覚えています。

ノストラダムスは、他にも数多くの予言を残していて、ノストラダムスが残した、2015年度の予言をチェックしてみたいと思います。

ノストラダムスが言うには「新たなるエンジン」というものが発明され、この「新たなるエンジン」によって世界は「バベル以前の日々かのごとく」になるという…

この予言は何語にでも有効な翻訳機、おそらくパソコンの事を指しているのでしょうか!?ノストラダムスによると、この開発に成功する事で国家が終わりを迎えると書かれているんです。

一体どういう意味なんでしょうか!?

次に予言されているのが「世界経済が崩壊する」という予言、ノストラダムスの予言によると「富める者は、繰り返し死ぬ事になる」みたいです。
本当かな…

あとはイタリア・カンパーニア州にあるヴェスヴィオ火山が、2015年後半から2016年前半にかけて噴火する可能性が高く、アメリカ西部で、大地震が発生するんだというのです。

最近は地震とか火山の噴火が世界的にも多いんで、これはちょっと気になります!

こういう予言って結局毎年うやむやになっているんで、個人的には当たらないんじゃないかなーって思っているけど、アメリカではわりとこういうオカルト(?)できなものが信じられているんです。私は面白いと思いますが、あんまりひどいものも結構あるので、そういうのがちょっと気味が悪いです。

 

 

  tyo.jpg



 | Posted by | Categories: 噂 |

日本の文房具

11 3月 2014
アメリカでお土産に喜ばれたものの一つに日本の文房具があります。

友人に1人のアメリカ人で、日本のアナウンサーが大好きなパパさんがいて、フジテレビのアナウンサーのカレンダーをいつも彼専用に買ってアメリカに帰ったら、とっても喜んでくれます。

まぁ、それは稀のケースですが、実は日本にいたら当たり前の消しゴムもエンピツも、どれもアメリカ製に比べると格段に性能が良く使いやすいことに気がつきました。

アメリカの消しゴムは、昔日本にもあった砂消しみたいで、消えないし汚くなるしで最悪です。でもそれ以外は売っていないのです。

エンピツも滑らかさが無く固い感じで書きづらいものでした。シャーペンも100円ショップにも売っていないようなチャチなものばかりで買う気にもなれませんでした。

そんな感じなので、子供が日本から持って行った文房具を学校に持っていったら、たちまち生徒達にうらやましがられました。

まず小学生の低学年の子供がみんな使っている日本の頑丈な筆箱がとてもめずらしいらしく、隣の子がひとしきり触っていろんな機能を確認して感心していたそうです。

ボタンを押すとエンピツケースが立ち上がったり、鉛筆削りがついていたりと、魔法のおもちゃのようだと言っていました。

ステンレス製のエンピツキャップも、クール!といって欲しがっていました。

そして良く消える消しゴムも欲しい欲しいとねだられました。PLUSから発売されたデコレーションテープはまだアメリカではないので、女の子のお土産にはとても喜ばれます。

日本の文房具がもっともっと世界に広まって行くのも時間の問題ですね。



 | Posted by | Categories: 文化 |

気候

24 2月 2014

  

サンフランシスコから車で南へ1時間ほどの町に住んで一番よかったこと、それはここがとても過ごしやすい気候

人気の地域です。

まず一年中湿度が低く、汗をかくことはまずありませんでした。真夏でも日陰は涼しく、朝晩も気温は20度以下で冬の布団で寝ていました。

私は半袖の洋服を着ると涼しすぎて寒くなってしまうので、1年中長袖でした。

そして冬は夏よりも少し湿度が高くなります。なので日本のように風邪がはやったりしません。

そして真冬でも昼間はコートがいらないくらい気温が上がり、白人の子供などは半袖だったりします。気温の変化が少ないと、衣替えの必要も無くなります。夏でも夜に薄手のダウンを羽織ったり、冬でも昼間にはサングラスをかけたりと、日本では考えられないことばかりでした。

お正月休みに日本に一時帰国した時は、あまりの寒さにユニクロのヒートテック下着を買いに走ったりしました。それにもまして、帰国して初めての夏はあまりの暑さに家族一同ノックアウト状態でした。

まだ仮住まいだったのでエアコンが無く、少しの間だから我慢しようとがんばりましたが、家に居ながらにして熱中症になりかけるほどだったので、エアコン購入に踏み切りました。取り付けたが最後、1日中つけっぱなしでした。

とにかく日本の夏は、甘やかされた体には本当に厳しかったです。そんな日本ですが、やっぱり私たちは日本人なので日本が大好きです。



lifele.jpg
 | Posted by | Categories: 気候 |

日本食

1 2月 2014

  nihonyu.jpg

今や日本食は世界中にあり、どこの国でも日本食レストランがはやっています。

アメリカでももちろん日本食はヘルシーな食事として多くの人に支持されています。私たちが住んでいたカリフォルニア州でもたくさんの日本食レストランがありました。

一番多いのはやはりお寿司屋さんで日本食の代表でした。ただ日本のお寿司屋さんを想像していくとちょっとがっかりします。

アメリカのお寿司屋さんは巻物が多く、皆さんご存知のカリフォルニア巻きや、うなぎを巻いたもの、エビの天ぷらを乗せた天むすのようなものなど、いろんなものが混ざったお寿司が人気があるようです。

しかもシャリは酢飯ではない時もあるのです。日本人としては、これはお寿司と言えないぞ、というものも結構あるのです。たぶんあっさりすぎてアメリカ人には物足りないのかもしれません。

私たちが食べたい普通の握り寿司はあまり見かけません。次に多いのはラーメン屋さんです。手軽な日本食としてあちこちでお店を見かけます。人気のお店に入ってみると、とてもこってりしていて食べ応えのあるものばかりで、一人前を食べるのに一苦労しました。

そしてうどんやそば、これはもう最悪です。スープの味が日本のものとは全く違うのです。これは日本食レストランのオーナーが中国人や韓国人だったりするのが原因のようです。

こうして私たち家族は日本食レストランにはあまり行かなくなってしまいました。納得のいくご飯を食べたいのなら、自分で作った方がいいという結論に達したのでした。



 | Posted by | Categories: 文化 |